データベースを作成するお仕事のご紹介

データベースを作成するお仕事の紹介です。

Sohos-Styleでは、実はこの「データベースを作成するお仕事」
というのが、とっても多いんですね。

今回はデータベースの専門用語について、幾つか説明させていただきます。

pasokon_kyoushitsu_woman

データベースとは、そもそも何か?といいますと、
一定の形式に整理した情報のことを表します。
検索や、編集、共有がしやすくなっている、情報のあつまりです。
例えば、ナビットにはこんなデータベースがあります。

学校データベースyoko
駅データベース
避難所データベース

などなど・・・・あるテーマに沿って、同じ形式でデータが並んでいる状態を
データベースといいます。

では、データベースを作成する上で
基本になる用語をいくつか紹介させていただきます。

1. 緯度・経度

学校データや駅データなど、場所に関係するデータは、緯度経度を付けています。
緯度は、地球上の南北の位置を表し、経度は地球上の東西の位置を表します。
緯度・経度には世界測地系と日本測地系があります。
緯度経度の取得方法はコチラ!

2.CSVファイル

データベースは、CSVファイルという形式で納品することがほとんどです。
CSVファイルを作る方法は、エクセルでは、「ファイル」→「名前をつけて保存」で
ファイルの種類をテキストファイルにして
CSV形式で保存すると値だけが「,」(カンマ)で区切られる
CSVファイルで保存されます。

csv

エクセルファイルは、基本的にエクセルがないと扱えないのですが、
CSVファイルの形式にすれば、
いろいろなソフトの中に流し込み使用することができるため、CSVで保存します。

3.URL付与

データベースの中に、URLという項目を付ける場合があります。
URL付与は、SOHO会員様に作業して頂くことが多い項目です。
こちらからお渡しした施設名を、Googleなどで検索していただき、
公式HPを見つけ、提出していただく、といったお仕事の流れです。

サイトの左上にあるものがURLです。

ナビットURL
SohosStyleには「入力ちゃん」という専用の入力ツールがあります。
調べたURLを、専用の入力フォームにどんどんコピペしていきます。

ナビット入力ちゃん

入力後はこちら↓

ナビット入力ちゃん,入力後

コピペできましたら、登録!で、保存でき、お仕事完了です(^^)/

以上のように、弊社のデータベースは、
Sohos-style会員の皆様に支えられて作られています。
データベースを作るお仕事にご興味のある方は、
是非会員登録(無料)してみてください。

今なら登録キャンペーン中で、250ポイント(250円)もらえます♪

会員登録

カテゴリー: SOHOのお仕事とは パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です