6/1(金) CSVファイルの開き方にご用心!

いつもSohos-Styleをご愛顧頂きありがとうございます。

以前、ExcelファイルとCSVファイルの違いについてこちらで説明いたしました。
今回は、ExcelでCSV形式のファイルを開く時のコツをお伝えいたします。

computer07_woman

■CSVファイルをダブルクリックで開いてしまうと・・・

53dba75c166e3d119560fd11c0a3756b
まず、前回のおさらいもかねて解説です。
CSV形式のファイルはシンプルなテキストファイルで、Excelファイルとは別物です。
ただ見た目は似ており、似ているからといってファイルを直接開いてしまうと、下図のように先頭の必要な0(ゼロ)が消えてしまいます。
このようなミスは「0(ゼロ)落ち」と呼ばれています。

キャプチャ2-3

■CSVファイルの開く手順
「0(ゼロ)落ち」をさせないために、下記のような手順を取ります。
※Excel 2010の仕様の解説となります。

キャプチャ9

①新規のExcelシートを作成し、上のタブ「データ」をクリックします。
②次に、その中の「テキストファイル」をクリックします。


キャプチャ10
③テキストファイルのインポート画面が開くので、開きたいCSVファイルを選びます。
④右下の「インポート」を選びます。


キャプチャ11
⑤テキストファイルウィザードという画面が開くので、
 「カンマやタブなどの区切り文字によってフィールドごとに区切られたデータ」
 を選びます。
⑥右下の「次へ」をクリックします。


キャプチャ12
⑦区切り文字の「カンマ」をクリックしてチェックします。
⑧データプレビュー(赤字点線囲い)を見て区切りが正しいことを確認しつつ
 右下の「次へ」をクリックします。


キャプチャ13
⑨データのプレビューの列を、全て選びます。
 Shiftキーを押しながらだと選びやすいです。
⑩列のデータ形式の、「文字列」を選びます。
⑩右下の「完了」をクリックします。


キャプチャ14
⑫シートの左上(A1)が設定されていることを確認します。
⑬下の「OK」をクリックします。


キャプチャ15
これでCSVファイルがExcelに「0(ゼロ)落ち」せずに表示されます!
ちょっと複雑な手順ですが、順番にそして丁寧に行えば、正しく表示されます。

ok_woman

SOHOのお仕事としては、CSVにふれる機会はあまりないかもしれませんが、
パソコンとデータの知識として、知っておいて損はないですよ!

データを取り扱えるSOHOとして、覚えておきましょう♪

カテゴリー: SOHO長者への道! パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です