8/1(木)仕事の効率化!入力業務で便利なショートカット【SOHO長者への道!】

いつもSohos-Styleをご愛顧いただき、ありがとうございます。

エクセルやGoogleスプレッドシートを使用したデータ入力の中で
使えるショートカットキーをご紹介させていただきます。

オートフィルという機能はご存知でしょうか。
セルの右下をドラッグやダブルクリックして、値や関数を反映させるものです。

ここでは、場面によってはオートフィルよりも早い入力が可能になる
「Ctrl+R」「Ctrl+D」というショートカットキーを伝授したいと思います。

「Ctrl+R」
Rは、RIGHT “右”の意で、
左にあるセルの中身を、右のセルに反映(コピー&ペースト)してくれます。
20190731cyoja20190731cyoja - コピー

例えば、右のセルにも同じ「250」を入れたいときは、「Ctrl+R」で一発です。
オートフィルより小回りが利き、「Ctrl+CからのCtrl+V」や、直接入力よりも
ラクに入力ができます。

「Ctrl+D」
Dは、DOWN “下”の意で、
上にあるセルの中身を、下のセルに反映(コピー&ペースト)してくれます。
20190731cyoja220190731cyoja2 - コピー
下のセルにも「千葉県」と入れたいときは、そこを指定して「Ctrl+D」です。
こちらも、直接入力などをするよりズット早いでしょう。

関数の反映も、両者ともにバッチリしてくれます。

また、ひとつのセルに限らず、まとめての反映も可能です。【Ctrl+Dの例】
下の段にも日付と「済」を入れたい…⇒セルを2つ指定してからキーを押す。
20190731cyoja320190731cyoja3 - コピー
これを知っておくと便利ですよ!ぜひ使ってください。

ちなみに、Googleスプレッドシートでこのテクニックを使用する場合は、
少しだけやり方が違います。
“反映元”のセルもいっしょに囲ってからショートカットキーです。【Ctrl+Dの例】
20190731cyoja4
20190731cyoja4 - コピー

データ入力のお仕事の中では使える場面が必ずあると思いますので、
ぜひこのショートカットキーを使いこなし、お仕事の効率をアップさせてください!

カテゴリー: SOHO長者への道! パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です