2/1(土 )お仕事に採用されるアピール方法【SOHO長者への道!】

いつもSohos-styleをご愛顧頂きありがとうございます。
今回は、多くのSOHOの方が気にされている採用されるためのコツについてご説明いたします。
「Sohos-Style」のお仕事に応募する際に、自己アピールをすると採用がされるチャンスが増えやすいというのはご存知でしたか!?
本当に申し訳ないのですが、お仕事していただく定員には限りがあり、限られた定員を超えて応募があった場合は、どうしても応募者の中から選定して採用することになります。
特にご自宅で仕事できる「家の中のお仕事」は人気が高く、中には定員の100倍以上の方にご応募いただくお仕事もあります。
そこで自己アピールをして、他の応募者との差別化をはかりましょう!
タイピングしてる人

★回答欄はしっかり記入
まず、お仕事の詳細に「『回答』欄に記入してください。」と記載している場合は
「回答」欄に回答を記入した上で応募するのが最低限のマナーです。
たとえば、「購読している新聞名を『回答』欄に記入してください。」とあれば、
回答欄に「朝日新聞」など購読している新聞名を書かないと、応募条件を満たしているかが分からないので、採用されることはまずあり得ません。
また、「回答」欄に「一生懸命がんばります」などと書かれている方がよくいます。
何も書かないよりは印象が上がるものの、具体的にどうがんばるかが書かれていないとあまり効果的とはいえません。

★担当者が頼みたくなるようなコメントを記入する
たとえば、人気が高い「データ入力」のお仕事なら
●エクセルの資格(○○○)を持っています。
●5年間入力作業の仕事をしていたので、ブラインドタッチが出来ます。
●(1人あたり1000件の入力と記載がある場合)1000件程度の入力であれば期日内に納入できる自信があります。
などと書かれていたら、担当者も「今回はこの人にお願いしよう」と自然と思うのではないでしょうか。
入力作業の書けるような実績がなかったとしても、
●今までのお仕事経験の中でこういうことを頑張ってきたので、正確さには自信があります。
●普段からスケジュール帳に予定を書き込み優先順位をつけることが身についているので、納期は絶対守ります。
などもいいかもしれませんね!
もちろん、自己アピールを入力したから確実に採用される!というわけではありまでんが、
お仕事をお願いしたくなるようなアピールが、採用されるための近道といえます。
ガッツポーズ
カテゴリー: SOHO長者への道! パーマリンク